京都大学山極寿一総長への満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求める会の要請に対する京都大学研究倫理・安全推進担当野田亮副学長の回答に関して

 当会が726日に京都大学研究倫理・安全推進担当野田亮副学長を通じて行った、京都大学山極寿一総長への満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求める会の要請に対して、同副学長より、918日付の当会事務局長宛のメールで、当会に対し以下の回答がありました。

 

京都大学の回答(2018年9月18日)要旨

 この度、貴殿からの旧満州第731部隊軍医将校の学位授与の検証に関する要請について、「京都大学における公正な研究活動の推進等に関する規程」及び「京都大学における研究活動上の不正行為に係る調査要項」を準用し、当該論文に関する調査を実施することといたしました。

 つきましては、当該要請書に関し、すでにご提出いただいた資料以外に貴殿がお持ちの関係資料がございましたら、平成30925日(火)までに、研究倫理・安全推進室までご提出頂けますでしょうか。それをもちまして、予備調査を開始いたします。

 なお、追加の資料がない場合もその旨ご連絡いただきますよう、お願いいたします。

731学位検証を求める会の見解

 当会は、この回答を当会が要請する検証の具体的措置の更なる一歩であり、画期的なものとして受け止め、関係資料を期限までに提出いたしました。

 京都大学が「過去を変えることはできないが、未来にいかす」との方針で速やかに予備調査を終え、さらに進んで、過去を真摯に省みる本調査の実施を決定されることを当会は要請いたします。



7月26日、要請団は、要請直後報告会を開催し、要請結果を報告し、質疑応答を行いました。

要請をうかがう旨の京都大学の決定に関する記者会見(7月19日)

 配布資料はこちら